野球部

一球入魂 ~ これまでの軌跡 ~

1点が遠い...

7月18日に第104回全国高等学校野球選手権福島大会の3回戦をヨーク開成山スタジアムで田村高校と対戦してきました。シートノック後に「3回までに3点以内に抑え、3点を取るぞ!」と選手達に声をかけてから試合に入っていきました。3回表まで毎回ランナーを出すも、強力な田村打線を笠原覇央投手が0点に抑え、あとは味方の援護を待つばかり。しかし、桒原投手の緩急自在なピッチングにヒットが出ず、目標の3点を取ることが出来ませんでした。4回表には、なんとか強力な田村打線を抑えていた笠原覇央投手がつかまり始め、一挙5失点。このままでは7回コールドの可能性もあるため、6回に入る前に選手たちへ「このままでは7回コールドになってしまうぞ!」と檄を飛ばし、6回の守備へ。6回表の先頭打者がライトオーバーの3塁打を放ち、3番の佐藤翔琉選手の犠牲フライで6対0。4番の佐藤航琉選手に左中間への3塁打を打たれ絶対絶命のピンチ。流れを切るために園木秀投手をマウンドへ送る決断をし、5番をショートゴロ、6番を三振に切って取り、ピンチを凌ぎました。7回も1点を追加されないよう全員で必死に死守。途中、2塁手の宇内辰之介選手が足を攣ったときは冷や冷やしましたが、0点に抑え、反撃のチャンスを待ちました。7回裏に4番の生亀未来選手が追い込まれるもセンター前に弾き返し、5番の園木秀選手もライト前ヒットで続き、ノーアウト1、2塁と反撃のチャンスを迎えました。しかし、選手との意思疎通が乱れ、チャンスを活かすことが出来ませんでした。8回表も何とか0点に抑え、8回裏からマウンドへ上がった石川投手の130kmのストレートを打てずツーアウト。ここから1番菊地光選手がセンター前に弾き返し、続く2番の宇内辰之介選手もセンター前に弾き返し、ツーアウト、1、2塁の場面で主将の遠藤悠生選手に回りましたが、石川投手の球威が勝り1点を取ることが出来ませんでした。最終回表も全員で凌いできましたが、4失点。0対10で最後の攻撃に入っていきました。最後の攻撃に入る前、「最後の一球まで懸けてこいよ!迷うなよ!」と選手に檄を飛ばし、選手を送りだしました。最後まで田村高校の桒原投手、石川投手を打ち崩すことが出来ず、0対10で試合を終えました。この試合で3年生は引退となります。3年生には今後の進路に向かって高校野球を通して得た、培ったものを活かして、頑張ってほしいと思います。1、2年生は明後日から新チームとしてスタートします。秋は連合チームで大会に出場しますが、1人1人の技術向上を目指し、来年の春に単独チームで出場できるよう力を養い、そして”自分たちの目指す野球”を確立してほしいと思います。最後に田村高校と対戦することができ、両校選手の素晴らしいプレーで試合が出来たことに感謝します。監督・部長・選手・マネージャーの皆さん、ありがとうございました。また、生徒会、吹奏楽部、テレビの前で応援したくださった先生方・生徒の皆さん、球場まで応援に来てくださった先生方、桐桜高校の保護者の皆様、応援ありがとうございました。そして、3年生の皆さん、3年生の保護者の皆様、お疲れ様でした。約3ヶ月の監督で迷惑をかけることも多かったと思いますが、よくついてきてくれ、ご協力くださりました。皆さんと野球が出来て楽しかったです。ありがとうございました。
夏の高校野球福島大会総集編が7月31日(日)13:55~14:50にKFB 福島放送で喜多方桐桜高校のラストミーティングが放送される予定となっておりますので、ご覧いただければ幸いです。

 

後半に粘り強いチームへの成長!

7月12日に第104回全国高等学校野球選手権福島大会の2回戦(初戦)をあいづ球場にて若松商業高校と対戦してきました。先発の笠原投手が立ち上がりに死球で先頭打者を出すも後続を打ち取り、良い流れで攻撃に入っていくことが出来ました。3回には四球からの連打でノーアウト満塁としましたが、チャンスを活かしきれずに無得点で攻撃を終えました。チャンスを活かしきれなかったことから流れが若松商業に傾き、4回表に2点を先制されてしまいました。5回に菊地光選手の右中間への3塁打と宇内選手の内野ゴロの間に1点を返し、後半戦に臨みました。7回表の攻撃を凌ぎ、ここから逆転だというところで雨脚が強くなってきました。7回雨天コールドもあり得ると判断し、「この回に同点、逆転が出来なければ雨天コールドもあり得る。腹をくくるしかないからな。」と攻撃に入る前に檄を飛ばし、気合の入った選手たちでしたが、鋭い当たりも正面で、2アウトまで追い込まれてしまいました。しかし、後半に粘り強いチームを目標に練習を積んできた選手たちは9番の五十嵐拓海選手、1番の宇内辰之介選手と続き同点。そして、2番の宮川龍翔選手が左中間へライナーせいの当たりを放ち、宇内選手が逆転のホームを踏みました。逆転してから臨んだ8回表の1アウトを取ったところで大雨により試合は中断。協議を重ね、天候が回復する見込みがあるため、時間を空けて試合を再開することが決まった。約1時間半から2時間程度の中断後に試合が再開された。8回表の若松商業の攻撃を凌ぎ、8回裏には駄目押しの2点を加えた。9回は笠原投手が3人できっちり抑え、勝つことが出来ました。最後まで集中力を切らすことなく、試合を終えたことは選手たちにとって大きな成長だと感じています。次の試合は若松商業高校の選手たちの想いも背負いつつ、”自分達の野球”を貫いてほしいです。最後に若松商業高校と対戦でき、両校選手の素晴らしいプレーで試合が出来たことに感謝します。また両校の3年生のことを想い、9回まで何とか試合が出来るよう苦心してくださった高野連会津支部の先生方に感謝申し上げます。監督・部長・選手・マネージャーの皆さん、ありがとうございました。また、生徒会、吹奏楽部、桐桜高校の保護者の皆様、応援ありがとうございました。引き続き次戦の応援も宜しくお願い致します。

第104回全国高等学校野球選手権福島大会開幕!!

7月9日に郡山市のヨーク開成山スタジアムで第104回全国高等学校野球選手権福島大会の開会式が行われました。数年ぶりの一斉行進も行われ、選手たちは素晴らしい行進を見せてくれました。開会式後のオープニングゲーム、田村高校対福島西高校の試合を見て、いよいよ3年生にとって最後の夏が開幕したと感じました。まずは初戦の若松商業戦に向けて1つでも成長してもらいたいと思います。

第104回全国高等学校野球選手権福島大会の必勝祈願!!

6月26日に北宮諏訪神社にて第104回全国高等学校野球選手権福島大会の必勝祈願をして参りました。7月12日の試合まで残り2週間程ですが、祈願して終わりではなく、”人事を尽くす”ことで”運を引き寄せる”、”天命を待つ”ことができるのではないかと思うので、病気や怪我無く1人1人課題を乗り越え、チームとして成長し、一戦必勝で勝ち進んでくれることを期待しています。

第104回全国高等学校野球選手権 福島大会の抽選会

6月21日に郡山ユラックス熱海で第104回全国高等学校野球選手権福島大会の抽選会が行われ、本校野球部主将の遠藤悠生選手が参加してまいりました。本戦の抽選を行う前に予備抽選や選手宣誓校を決める抽選を行い、本校は残念ながら選手宣誓校の権利を得ることは出来ませんでした。肝心の本戦の抽選球を引く順番が2番に決まり、若干緊張気味の遠藤悠生主将ですが、本線の抽選球を引き、「喜多方桐桜高校、60番です。」と宣言して安堵の表情で席に戻ってきたのも束の間で4番目に引いた若松商業高校さんが「若松商業高校、59番です。」と宣言したのを聞き、対戦校が若松商業高校に決まりました。今大会は会津勢同士(同地区同士)での対戦が多いですが、1校でも多く会津勢が勝ち上がれればと思います。雨天順延等がなければ、7月12日9:00からあいづ球場で喜多方桐桜対若松商業の試合が行われる予定です。両校の3年生にとっては最後の大会になります。選手たちが死力を尽くして野球に打ち込む姿を応援していただければ幸いです。桐桜高校の保護者の皆様、応援宜しくお願いします。

~ 緊迫の試合展開の先に・・・ ~

只見高校戦の翌日の第2試合(準決勝)で会津学鳳高校と対戦する予定が第1試合終了後に、天候及びグラウンドが不良のため、6月7日に第63回春季全会津高等学校野球選手権の準決勝、決勝を戦ってきました。準決勝の会津学鳳戦では、園木秀投手の力投で9回2アウトまで4対3と優勢でしたが、会津学鳳の選手達の気持ちが勝り、フォアボールと右中間へのヒットで満塁。サヨナラ逆転負けのピンチの状況でマウンドへ上がった笠原覇央投手が抑え、決勝へと駒を進めました。決勝では南会津高校と対戦し、4回2アウト5対0の場面からヒットやエラーで3点を取り返し、5回にも1点を加え、前半を5対4で終え、6回からの後半戦に入りました。6回の南会津の攻撃でヒットや本校のエラーで2点を加えられ、7対4。そのまま9回裏まで得点が入らず、本校の攻撃で主将の遠藤悠生選手のセンター前ヒットから猛追し、7対6とし、尚も2アウト2塁で今大会当たっている五十嵐拓海選手に回りましたが、あと1本、2本が出ず、準優勝という結果で大会を終えてきました。試合後に南会津高校の監督、部長さんと話をしましたが、「あの場面で当たっている選手に回り、冷や冷やしました。選手たち1人1人が最後まで粘り強く戦っていて素晴らしかった。」とお褒めの言葉を頂きました。また、高野連会津支部の先生方からも「すべて1点差の緊迫した好ゲームを見せてもらいました。素晴らしかったです。」とお褒めの言葉をいただけました。夏の大会まで残り1ヶ月、選手たちの更なる成長に期待しています。最後に対戦してくださった会津学鳳高校、南会津高校の監督・部長・コーチ・選手・マネージャーの皆さん、ありがとうございました。また、天候やグランド不良により大会運営に苦心してらっしゃった高野連会津支部の先生方、試合の準備等ありがとうございました。そして、桐桜高校の保護者の皆様、応援ありがとうございました。

逆転サヨナラ勝利!!

雨天順延により、第63回春季全会津高等学校野球選手権の初戦が6月5日になり、あいづ球場にて只見高校と戦ってきました。第94回選抜高等学校野球大会へ出場した只見高校の選手達のシートノックの様子を見て、厳しい試合展開になると感じました。両校ともに素晴らしいプレーがあり、お互いにチャンスが掴めず、1対1の同点で9回が終了し、延長戦となりました。10回の只見高校の攻撃を0点で凌ぎ、10回の本校の攻撃で五十嵐拓海選手の3塁打、菊地光選手の左中間へのヒットで逆転サヨナラ勝利を収めることが出来ました。チャンスが掴めず、我慢する試合展開でしたが、選手たちは集中力を切らさず、最後まで戦い抜けたことは夏の選手権大会への大きな糧になったのではないでしょうか。最後に只見高校と対戦でき、両校選手の素晴らしいプレーで試合が出来たことに感謝します。監督・部長・選手・マネージャーの皆さん、ありがとうございました。また、桐桜高校の保護者の皆様、応援ありがとうございました。

       
       
       

全会津選手権へ向けて!

5月27日に全会津選手権の組み合わせが決まりました。グラウンドには大きめのくぼみがあり、雨が降るとグラウンドで練習が出来ない状況もありますが、水取りをしたり練習内容を工夫したりして自分達の野球ができるように、全会津選手権優勝ができるように日々の練習に取り組んでいます。6月3日から6月5日まであいづ球場、鶴沼球場で試合が行われます。小学生、中学生の皆さんで高校野球をやってみたいと思っている人、野球が好きな人はぜひ見に来ていただければと思います。本校の試合は6月4日にあいづ球場の第2試合(12:30試合開始予定)です。保護者の皆様、応援宜しくお願い致します。

   

~成長した姿~

5月21日に押切川公園野球場にて福島高校と対戦しました。前監督の矢部先生との試合ということもあり、1ヶ月半という期間ではありますが、成長した姿を見せようと1人1人気合の入ったプレーを見せてくれました。グラウンド整備の際には選手が矢部先生へ近況報告をしていました。帰り際には「今後の活躍が楽しみです。」と矢部先生は話していたので、全会津選手権優勝へ向けて練習に取り組んでいきましょう。最後に福島高校の監督・部長・選手・マネージャーの皆さん、練習試合をしていただきありがとうございました。また、桐桜高校の保護者の皆様、応援ありがとうございました。

~ 課題と成果 ~

5月15日に郡山北工業高校グラウンドにて郡山北工業高校と対戦しました。1試合目の4回表までは攻守ともに良い流れで試合が進みましたが、4回裏の郡山北工業の攻撃から流れが変わり、5回終了時で5対2と逆転されてしまいました。そのまま攻守の流れを変えられず1試合目は負けてしまいました。しかし、2試合目は1回表に9失点という状況から諦めず攻撃し、8回裏までで21対21の同点にしました。最後は走攻守に渡りチームを引っ張ってきた遠藤主将がセンターへ打ち返し試合を決めました。投手陣は課題が見つかった、攻撃面では練習の成果が出た試合だったと思います。今後の試合に向けて、練習に取り組んでいきましょう。最後に郡山北工業高校の監督・選手・マネージャーの皆さん、練習試合をしていただきありがとうございました。また、桐桜高校の保護者の皆様、応援ありがとうございました。

動画